BionicM

SuKnee: 既存の義足が抱える問題を解決する高機能義足

SuKneeとはロボット技術に基づく最先端テクノロジーを活用し、より自然な歩行をアシストするロボット義足です。

軽量化・低価格化だけでなく、日常の歩行・動作をより自然に、そして安全にアシストする機能を持ち、長時間の外出でもバッテリ切れの心配がない、日常的に使用可能な義足を実現します。

*「SuKnee」はサニーと読み、SuKneeを身に着けることで天気の良い日のよう(Sunny)にユーザーに明るい人生を送ってもらいたいという願いが込められています

歩行動作をアシストするアクティブモード

様々なセンサーにより、歩行環境やユーザの意図を検知し、生体工学に基づく制御を行うことで、歩行をアシストします。

足を振り出す際に、センサーによってその意図を検知し、振り出す動作をアシストすることで、身体への負担を減らし、自然に歩くことを可能にします。

 

椅子からの起立時のアシスト

従来の義足は膝が曲がった状態では、全く力をかけることができないため、椅子から起立する時に、健足側の足に頼らざるを得ません。

SuKneeは、椅子からの起立をアシストすることで、両足に均等に体重をかけながら、楽に、自然に起立することができます。

 

転倒の防止

従来の義足は、障害物とぶつかった時に”膝折れ”してしまうことで転倒してしまいます。

SuKneeは、センサーによって膝折れしそうな状態を検知し、動力を駆動させることで転倒を防止します。