BionicM

SuKnee: 世界初のハイブリッドロボット義足

SuKneeとはロボット技術に基づく最先端テクノロジーを活用し、より自然な歩行をアシストするロボット義足です。

既存のロボット義足はバッテリが切れた際に継続して使用することができなくなり、ユーザーにとっては不便であり、ロボット義足の実用化における大きな障壁となっています。SuKneeは独自の技術により、普段、歩行動作をアシストするアクティブモードと、バッテリが切れた際に、パッシブ型義足としても機能するパッシブモードを備えるハイブリッドロボット義足を世界で初めて実現しています。これにより、バッテリの状態に関係なく常時利用することが可能となり、既存のロボット義足の大きな課題を解決しています。

*「SuKnee」はサニーと読み、SuKneeを身に着けることで天気の良い日のよう(Sunny)にユーザーに明るい人生を送ってもらいたいという願いが込められています

歩行動作をアシストするアクティブモード

様々なセンサーにより、歩行環境やユーザの意図を検知し、生体工学に基づく制御を行うことで、歩行をアシストします。

足を振り出す際に、センサーによってその意図を検知し、振り出す動作をアシストすることで、身体への負担を減らし、自然に歩くことを可能にします。

 

バッテリ切れ時に備えるパッシブモード

ロボット義足は常にパワーを提供するため、多くのエネルギーを必要とします。

SuKneeはバッテリが切れた場合でも、パッシブモードに切り替え、動力を持たない既存のパッシブ義足と同様に使用することができます。

既存のロボット義足はバッテリが切れた際に使用できなくなるため、普及が進まない大きな要因となっていました。

SuKneeは、パッシブモードを備えることで、より実用的なロボット義足となっています。

 

椅子からの起立時のアシスト

従来の義足は膝が曲がった状態では、全く力をかけることができないため、椅子から起立する時に、健足側の足に頼らざるを得ません。

SuKneeは、椅子からの起立をアシストすることで、両足に均等に体重をかけながら、楽に、自然に起立することができます。

 

転倒の防止

従来の義足は、障害物とぶつかった時に”膝折れ”してしまうことで転倒してしまいます。

SuKneeは、センサーによって膝折れしそうな状態を検知し、動力を駆動させることで転倒を防止します。