BionicM

コンセプト

人々のモビリティに力を与えるロボティック義足

世界には1000万人を超える下肢切断者がいると推定されている一方で、義足を必要としながら実際には利用できない人が数多くいます。そこには、既存の義足の機能が不十分であることや、高価であるために購入できないなど、様々な障壁があります。

それに加え、既存義足の主流である動力を持たない受動式義足は、人間の動きをサポートすることができないため、日常生活の中で様々な不自由が生じます。その既存の義足が抱える課題を解決するため、BionicMは日常の動作をサポートするロボティック義足を開発しています。

このプロジェクトの背景には、松葉杖に手を拘束される不自由、車椅子や寝たきりの生活による不自由を解決し、それらの不自由を感じている人々に義足の開発・提供を通じて、自由に動けることの喜びを届けたいという思いがあります。人々のモビリティに力を与えることによって、人々がより自立し、社会に進出できることを願っています。

膝継手-Sunee

膝の屈伸や椅子からの立ち上がり、転倒防止をサポートするロボティック膝継手

足部 -Ankle

人間の足首の動きを模倣し、地面を蹴ることによって、自然な歩行姿勢をサポートするロボティック足部

既存の義足が抱える課題

体にかかる負担

動力を持たない受動式と言われる義足は身体に負荷が大きくかかります。階段では1段ずつしか昇降できず、椅子から立ち上がる際は腕や義足を使用していない健足に力を頼る必要があります。比較的筋力のある若い人などは一定の負荷に耐えることもできますが、高齢者などは健足に頼ることも難しく、車椅子や寝たきりの生活を強いられることになってしまいます。

高価な義足

福祉制度を利用して義足を購入することはできますが、限られた国でしか制度が整っていなかったり、補助の限度があることによって、金銭的な負担の大きさから義足を利用できない人が世界には多くいます。さらに、定期的なメンテナンスや交換が必要となることから、下肢切断者にとっての金銭的負担は、義足の普及を妨げる大きな要因となっています。

下肢切断者増加のリスク

市場に普及する義足の99%は受動式義足

※自社調べ