【はじめての義足】手術・リハビリ・退院のスケジュールは?

事故や病気で足を失い、はじめて義足を付ける方にとっては、

  • 今までと同じ生活に戻れるのか?
  • 退院後、どんなことが待ち受けているのだろうか?
  • リハビリはどのぐらいかかるのか・どんなことをやるのか?
  • 義足とはどんな物なのか?
  • 重いのか?軽いのか?扱うのは難しいのか・難しくないか?

 

このようにわからないことがたくさんあると思います。

切断手術から退院までのスケジュールは、切断した箇所・痛み・体の状態などにより2ヵ月~6ヶ月と人それぞれです。

この記事では、切断手術前~義足を付けて退院した後までのスケジュールを紹介します。

1. 義足をつけるスケジュールは? 入院から退院まで

疾患や外傷によって切断し、義足を製作するケースを見てみましょう。

この場合、事故・緊急手術の後に、

  • 傷や全身状態の治療に1~2ヶ月
  • 専門病院でのリハビリに2~5ヶ月

程度かかります。

※あくまで一例であり、上記ケースとご自身のスケジュールが異なることもあります。
※実際には、切断の原因、年代、傷の状態、リハビリの進行などにより、期間が変わる事があります。
実際のステップを「切断前~切断~切断後」に分けて、細かく見ていきましょう。

2. 手術前:義足の生活に備える

末梢循環障害や糖尿病などといった疾病により、あらかじめ切断の手術を行う事が分かっているという場合は、事故による緊急手術のケースとは異なり、切断前に猶予があります。

その場合は、義足での生活に備えて準備をすると良いでしょう。
たとえば、残される足の筋力トレーニングやすでに義足をつけている先輩ユーザーとの交流はおすすめです。

【準備1】残される足の筋力トレーニング

切断術前、「身体の状態が万全」という方は多くはないでしょう。

主治医の指示に従い、身体に無理のない範囲での運動にとどめておきましょう。
病院の理学療法士等にメニューをもらうとより安全です。

【準備2】義足ユーザーの仲間を見つける

すでに義足をつけて生活している先輩ユーザーと交流することができれば、辛さや実際の生活の困難を乗り越える上で、大きな助けになります。

義足ユーザーの団体は、例えばこういったものがあります。

3. 切断手術

実際に入院し、切断手術を行います。

手術前の説明はしっかりとメモを取っておくのがおすすめです。

入院:検査と説明

入院して、切断手術に向けて準備をしていきます。

入院すると、まずは原因となる疾患に応じた検査(血液検査、X線、CT、MRIなど)を受けます。

検査後、医師から手術と術後について説明があります。気になったことは納得するまで聞きましょう。

実際には「茫然としてしまって説明を覚えていない」と言う人もいます。質問したいこととその回答はメモを取ると良いでしょう。

切断手術と義足

たとえば、悪性骨腫瘍の場合は、腫瘍の場所に対してこのように切断手術が行われることが一般的です。

切断した箇所によって、今後着ける義足の種類とリハビリの内容が変わります。

義肢適合技術・材料とリハビリテーションの進歩により、最近ではできるかぎり足を長く残す方法が検討されることが多いようです。

ただし、足が長すぎてパーツが入らないこともあるので、医師によって手術方針が異なることがあります。

大きく分けると、膝より下の切断ならば下腿義足(かたいぎそく)、太ももの切断ならば大腿義足(だいたいぎそく)、骨盤や股部分での切断ならば股義足(こぎそく)となります。

義足の種類については、下の記事に詳しくまとめています。

【関連記事】義足の種類は?どんな構造?

引用:澤村誠志(2016)『切断と義肢 第二版』p17,医歯薬出版.

4. 手術後:治療とリハビリ

手術後、まずは切断したきずの治療が優先されます。

きずが治癒したら、なるべく早く義足のリハビリを開始します。

治療とリハビリは別の病院で行われることもあり、転院することもあります。

痛みと喪失感

術後は切断部が痛みます。点滴や飲み薬による痛み止めが処方されますが、痛みが酷く睡眠できないケース等もあるため、主治医とよく相談して治癒を待ちましょう。

また、切断した痛みとは別に切断した足があるように感じられ、無いはずの足が痛む感覚を訴える方もいます(幻肢痛と言います)。

自分の体の一部が失われるというのは想像以上のショックで、短期的な抑うつや孤独感を感じる方もいます。

※ただし、BionicMの義肢装具士の経験でいえば、何十人と切断者に会ってきましたが、(ゼロとは言いませんが)ほぼ全ての人が義足を履いて生活できるようになっています。

手術後すぐは、自分一人で動くのは難しいでしょう。

看護師に手伝ってもらいながらベッド上で寝返りをしたり、トイレに車椅子で行ったりすることになります。

きずの治療

身体に残っている先の部分を断端(だんたん)と呼びます。

術後は断端がかなりむくみ、逆の足(非切断側)と比べて太くなります。これを圧迫し抑えるため、手術後から断端に伸縮性のある包帯(弾性包帯)を巻いたりします。そして、断端の治癒に伴い、徐々にむくみがとれていきます。

断端はのちに身体と義足をつなぐ接点となる大事な部分なので、手術直後から断端管理がスタートします。

■断端管理

切断術後の断端は、むくみや腫れなど安定しない状態が1年ほど続きます。(個人差があります)
特に義足のリハビリ中、断端のサイズは治癒に伴い徐々に細くなります。ただし、細くなり加減は一定ではなく急に細くなってリハビリが上手く行かないこともあります。また、1日の中でも断端の太さは変化し、朝が一番太く、夕方が一番細くなります。
サイズの変化を少なくするために、術後早期から断端を圧迫するような管理が必要になります。具体的には、弾性包帯やシリコンライナーなどを装着します。

寝たきりの期間が多くなると、それだけ体の筋力が衰えてしまったり関節が固まってきたりすることがあります。

リハビリは早いと術後翌日にもはじまることもあります。
最初は、ベッド上でできる、ストレッチ、ブリッジ、腕の運動や呼吸による体幹筋のエクササイズなどから始めましょう。

手術後数日ほどしたら血液を排出するためのドレーンを取ります。

リハビリの開始

医療的処置がだんだん少なくなってくると、本格的にリハビリテーションを開始します。

ここで、リハビリ病院へ転院するケースでは、リハビリの主治医や新しい理学療法士・作業療法士・義肢装具士と会うことになります。

理学療法士(Physical Therapist / PT)
身体に障害がある人に運動やマッサージなどを行うことで、歩く・立つといった基本的動作能力を回復させる専門家。
作業療法士(Occupational Therapist / OT)
手芸、工作といった作業を通じて、身体に障害がある人の応用的な動作能力や社会的な適応能力を回復させる専門家。
義肢装具士(Prosthetist and Orthotist / PO)
身体の無い部分に装着する「義肢」と身体の問題がある部分に装着する「装具」を作り、ユーザーに合わせて調整する専門家。

そのときの身体の状態や退院後の目標に応じて、理学療法士・作業療法士・義肢装具士と治療・訓練のプログラムを計画します。

義足装着前の訓練

最初は、義足を付けない状態でトレーニングが始まります。

実際には「家で片足立ちの状態で生活できること(義足を外した状態で生活できること)」が目標の一つになるでしょう。

  • 断端管理
  • 関節が固まらないように、同じ姿勢を長時間取らないように気を付ける
  • ストレッチ
  • 断端に重しやセラバンドを付けての筋力トレーニング
  • 腹筋などの体幹トレーニング、非切断側の筋力トレーニング
  • 非切断側のみで日常生活動作の訓練、非切断側による片足でのバランス訓練
  • シリコンライナーの装着練習

このような訓練を義足装着前に行うことで、義足を使いこなせる体づくりをします。

型取りと仮義足

片足でも生活できるぐらいまでリハビリが進むと、義肢装具士が石膏で断端の型を取り、ひとりひとりに合わせた義足づくりがスタートします。
このとき作る義足は「(訓練用)仮義足」と呼ばれます。訓練用の仮義足といってもその後に作る本義足とつくりとしては大きな違いは無く、退院後も1年ほど使用することができます。

仮義足のソケットは、リハビリ中と退院直前で少し違います。
リハビリ中はソケットのフィット感を調整する目的で、透明の「チェックソケット」と呼ばれるものを使用し、退院直前には退院後も使えるような耐久性の高い樹脂素材のソケットへ作り変える場合が多くあります。

義足を装着して訓練

身体にフィットする義足を調整しながら、いよいよ義足を装着して訓練が始まります。

義足歩行練習

義足を使用して歩けるようになるように実際に練習をします。以下、練習の実例です。

義足歩行練習

(1)平行棒内にて立ち、義足へ体重をかける練習​

平行棒に捕まりながら、義足側に体重をかけます。

(2)平行棒内にて立ったまま重心を左右前後へ移動する練習

平行棒捕まりながら、重心を左、右、前、後ろと移動させます。

(3)平行棒内にて、健側・義足ともに片足立ち練習

平行棒に捕まりながら、健側、義足ともに片足立ちになります。

(4)平行棒内にて歩行前の基本練習
①義足の膝が折れないように義足で立つ練習(ソケットの後ろを蹴ると同時に骨盤を前に持ってくる練習)

ソケットの後ろを蹴ると同時に骨盤を前に持っていきます。

ソケットの後ろを蹴りながら骨盤を前に持ってきて、健側を前に出します。

②義足を前に振り出す練習(ソケットの中でソケットの前側を断端で蹴る練習)

外側に回したり、内またにならないよう、まっすぐ前に出すように練習します。

(5)平行棒内歩行練習

両手で平行棒を掴みながら、歩行練習から開始します。

(6)平行棒の外側を平行棒を伝いながら回り、歩く練習

片手だけ平行棒を掴み、歩行します。

(7)杖やロフストランドクラッチを使用し、屋内や屋外の歩行練習
(8)杖等を徐々に外していく
その他歩行練習
  • 階段の昇り降り練習
  • 坂道の歩行練習
  • 日常生活での動作練習(立ち上がりや床での動作、お風呂動作等)
  • 洋服の着脱練習
  • 公共交通機関使用を含む屋外歩行練習
  • 自動車・自転車の運転

最初は、一人でベッドに座ったり、車いすに移ったりするのが難しいと感じるかもしれません。しかし、練習すれば習得することができます。

断端の変化に合わせて仮義足ソケットの調整が行われます。

5. 退院後の生活

退院後、義足のある生活に慣れるまでしばらくは不便や制限を感じることも多いでしょう。

しかし、元の職場に戻って引き続き同じ仕事をしたり一人暮らしで自立して生活をする義足ユーザーや、スポーツに取り組むユーザーも多くいます。

仮義足から本義足へ

退院後も、断端の状態は変化し続けます。
多くの場合は断端が術後1年~1年半で状態が安定するケースが多いので、このタイミングで本義足に作り変えることになります。

断端を早く安定させるためには、断端ケアとソケットの手入れを引き続きしっかり続け、大きく体重が変動しないように規則正しい生活を心がけることが大事です。

身体障害者手帳取得と生活の立て直し

入院中はリハビリで頭が一杯になりやすい傾向にありますが、リハビリと平行して退院後の、生活のため、申請等の行政手続きをします。

  • 身体障害者手帳および義肢の受領
  • 障害年金の手続き
  • (場合により)自動車の改修および免許の獲得
  • (場合により)住宅の改修

義足を受け入れるプロセス

もともと健常だった人が事故や病気などで障害を負ったとき、心理学では一般にこのようなプロセスを経て受け入れていくと考えられています。

体の一部を失ったことにより、性的困難感を感じる人もいます。

上のモデルはあくまで心理学の考え方であり、悩みや不安は人それぞれです。

ただ、手術後すぐに義足を受け入れられる人のほうがむしろ稀で、戸惑ったりショックを受けたりすることは当たり前なのだということは覚えておいてほしいです。

6. 義足で難しいこと:家族や周囲が配慮できること

義足ユーザーは日常生活のどういった場面で困難を感じやすいのでしょうか?

切断レベルや義足の種類にもよりますが、こんな声が聞かれるようです。

  • ソケットが合わないと、皮膚がこすれて断端が傷つく
  • 足首が動かせないので、靴の脱ぎ履きに時間がかかる
  • 和式便座が使えない
  • 正座ができない
  • 坂道、階段は歩きづらい
  • 長距離歩行は疲れやすい
  • 走るには練習が必要
  • 周囲と歩くスピードを合わせづらい
  • 砂利道や砂浜といった不安定な場所は歩きづらい
  • 濡れると義足の金属部分が錆びてしまう可能性がある
  • 義足でズボンやスカートが破けることがある
  • 家の中では義足を外した状態でも生活するため、部屋のレイアウト変更や必要に応じて、手すりやキャスター付きの椅子を用意する、等 

家族や周囲の人が義足ユーザーと過ごすときは、このような悩みを念頭に、食事をする場所や歩くスピードに配慮すると良いですね。

まとめ

切断手術前~義足を付けて退院した後までのスケジュールを紹介しました。

 

いざ義足を使うとなれば、本人も家族・周囲も困惑することが多くありますよね。

記事で紹介したものはあくまで一例であり、実際にはスケジュールやメニューが変わることがあります。

 

もし不安に思うことがあれば、まずは担当医や理学療法士・義肢装具士に相談しましょう。

 

おすすめ記事