BionicM

あるべき技術をあるべき場所に

BionicMは、2015年より東京大学情報工学システム(JSK)研究室において稲葉教授指導のもとに、世界最先端のロボティクス研究を活用し、革新的な技術の研究を進めてきました。2016年には国立研究開発法人科学技術振興機構による大学発新産業創出プログラム(START)に採択され、事業化に向けてさらなる研究開発を行い、2018年に株式会社として設立されました。
東京大学のサポートを受け、インキュベーション施設:東京大学アントレプレナーラボにオフィスを構え、製品の市場投入に向けた研究開発を行なっています。

会社名
BionicM株式会社
代表取締役
孫 小軍
主な事業内容
ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化

ロボット義足の研究開発・事業化

問い合わせ先
info@bionicm.com
所在地
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室 (アントレプレナーラボ)

建物外観

エントランス