announce

Red Dot: グランプリLuminary受賞

BionicM株式会社が開発するパワード義足“Robotic Prosthetic Knee”が、世界最高峰のデザイン賞のひとつである2020年度「Red Dot Award」デザインコンセプト部門において、グランプリにあたる「Luminary(ルミナリー)」を受賞しました。

世界トップクラスのデザイン賞である「Red Dot Design Award 2020」のデザインコンセプト部門は、未発売で開発段階にあるコンセプト、アイデア、ビジョンを中心としたデザインイノベーションやデザインコンセプトを対象としたものです。
「Red Dot Design Award 2020」のデザインコンセプト部門には、52の国と地域から4,170点の応募があり、BionicMの“Robotic Prosthetic Knee”は優秀なデザインコンセプトに贈られる「ベスト・オブ・ザ・ベスト(最優秀賞:上位42点)」を受賞し、更にその中の上位5点としてグランプリにあたる「ルミナリー」にノミネートされていました。

2020年10月7日に行われたOnline Award Celebrationにおいて、2020年度の「ルミナリー」が発表され、BionicMの“Robotic Prosthetic Knee”が受賞しました。

■Red Dotについて
「Red Dot Award」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の高いデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門で、毎年卓越したデザインが選定されています。
「International Design Excellence Awards(IDEA)」、「iF Design Award」と並び世界3大デザイン賞の1つとも言われています。