announce

日本最大級インキュベーション・アクセラレーションプログラム「未来2019」優秀チーム・企業賞を受賞

日本最大級インキュベーション・アクセラレーションプログラム「未来2019」において、企業賞:三井化学株式会社様が募集する未来社会賞を受賞しました。

BionicMは本プログラムにおいて、一次審査・二次審査を経てファイナリストとして採択され、2月に行われた最終審査会に参加しました。当日は最終審査会に参加した27チームによるプレゼンテーションが行われ、その中から優秀チームに贈られる企業賞を受賞しました。

企業賞は「未来2019」を主催するIII(トリプルアイ)コンソーシアムメンバーから贈られる賞であり、メンバーの一社である三井化学株式会社様が「環境と調和した共生社会」「健康・安心な長寿社会」の実現に向けたSDGsに関わる社会課題解決型イノベーションに贈る『未来社会賞』をBionicMが受賞しました。これに伴い、BionicMは三井化学株式会社様と実証実験、事業連携に向けた検討会の開催等のサポートを頂き、事業化の加速を目指します。

また、起業前後の優秀チームに対し、研究/サービス開発段階から事業化における資金面のサポートを目的としたIII GAPグラント”MIRAI”の対象としても採択されました。

今回のプログラム「未来2019」を通して得られた知見、サポート、ネットワークを活用し、BionicMは”Powering Mobility for All”のビジョン実現に向けて更に開発を加速させていきます。

詳細はこちら